ロード・エルメロイⅡ世の事件簿

漫画:東冬

原作:三田誠/TYPE-MOON

キャラクター原案:坂本みねぢ

ネーム構成:TENGEN

ジャンル:ミステリー、サスペンス / コミカライズ / ノベル

「Fate/Zero」から10年後の世界を描いた人気小説を、東冬がコミカライズ!

三田誠が原作の“Fate”シリーズ小説を、実力派作家・東冬がコミック化! 苛烈を極めた第四次聖杯戦争の、数少ない生存者であるロード・エルメロイⅡ世。 「乖離城アドラ」の遺産をめぐる謎解きに招待されたことから、幻想的で悲壮な事件へと巻き込まていく――!

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

発売中コミックス

ロード・エルメロイⅡ世の事件簿(2)

「剥離城アドラ」の城主の遺産をめぐり、ついに殺人が起こった。容疑者は全員アリバイなど無用の魔術師たち。調査を始めたエルメロイII世は、城に隠されたとある秘密に気付く――。

  • ロード・エルメロイⅡ世の事件簿(1)

    ロード・エルメロイⅡ世の事件簿(1)

    魔術協会の総本山「時計塔」においてロードに叙されているエルメロイII世は、義妹のライネスから依頼を受け「剥離城アドラ」の遺産相続に立ち会うことに。弟子のグレイを伴い訪れた城で、悲愴な事件が始まる。