転生少女の履歴書

第6話-1

←コミックス最新刊はこちら

転生少女の履歴書(1)

“前世の知識を活かして大活躍中!”のはずが親に無慈悲に売られてしまった五歳の私。そこで命じられたのは貴族の少年の小間使いとなること! だがその少年、顔はいいが、かなりの問題児で、しかも魔法使いだった!?

この作品を応援しよう

このアイコンをタップして応援すると、応援ランキングの順位に反映されます。応援の数は漫画家の励みになります。