五時間目の戦争(4)

五時間目の戦争(4)

発売日:2017年3月4日
定価:580円(+税)

瀬戸内の島に訪れた冬。「戦」の中で次々と失われていく級友たちの命。残された朔と都に与えられたのは、唯一で聖なる、そして最もありふれた「武器」だった――。 感動の完結巻!

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

発売中コミックス

  • 五時間目の戦争(4)

    五時間目の戦争(4)

    瀬戸内の島に訪れた冬。「戦」の中で次々と失われていく級友たちの命。残された朔と都に与えられたのは、唯一で聖なる、そして最もありふれた「武器」だった――。 感動の完結巻!

  • 五時間目の戦争(3)

    五時間目の戦争(3)

    ついに明らかになる、世界の仕組みの一端。みのかみ様の役割、そして敵の目的は? やがて季節は巡り、朔と都の関係にも変化が…!?

  • 五時間目の戦争(2)

    五時間目の戦争(2)

    二回目の「戦」に指名されたのは、朔の親友の喜多山と関前だった。本土の戦場で負傷した喜多山を気遣う都は…。そして出征できない朔に、新たな試練が降りかかる。

  • 五時間目の戦争(1)

    五時間目の戦争(1)

    瀬戸内の離島の中学校。新たな授業として三年生たちに課されたのは、正体不明の敵との「戦争」だった! ところが、クラス一の俊足の双海朔と、その幼馴染の安居島都の二人は、なぜか出兵不適格の烙印を押され…。