氷菓(14)

氷菓(14)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
原作:米澤穂信
漫画:タスクオーナ
キャラクター原案:西屋太志(京都アニメーション)

発売日:2022年3月25日
定価:704円(10%税込)

漫画投稿を続けていた摩耶花は小さな賞ながらも受賞した。一層執筆活動をがんばろうとしていたところ、「漫研」内の「描く派」「読む派」が対立し、「描く派」認定されている摩耶花も巻き込まれ…。

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

ComicWalkerで読む

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

コミックス情報

  • 氷菓(14)

    氷菓(14)

    漫画投稿を続けていた摩耶花は小さな賞ながらも受賞した。一層執筆活動をがんばろうとしていたところ、「漫研」内の「描く派」「読む派」が対立し、「描く派」認定されている摩耶花も巻き込まれ…。

  • 氷菓(13)

    氷菓(13)

    新入部員獲得のため、奉太郎とえるは「新勧祭」に繰り出した。 雑談の中で「製菓研」のテーブルに違和感を覚えたえる。 そこに新入生の「大日向友子」が現れ、三人で謎に迫っていくーーー。

  • 氷菓(12)

    氷菓(12)

    えるから「生きびな祭り」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを告げる。突然の事態に現場がざわついていると、えるが奉太郎を呼び出すのだが…。

  • 氷菓(11)

    氷菓(11)

    中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。

  • 氷菓(10)

    氷菓(10)

    ついに怪盗「十文字」と思われる人物にたどり着き、呼び出した奉太郎。自分の推測をもとに怪盗「十文字」を追いつめる! そして古典部メンバーが経験したほろ苦い学園祭の幕が下りる。「クドリャフカ」編ついに完結!

  • 氷菓(9)

    氷菓(9)

    カンヤ祭に突如現れた「怪盗十文字」!探偵志望の生徒の監視をあざ笑うかのように犯行を続ける十文字。えるは放送部のインタビューを受け、十文字に古典部の「校了原稿」を賭け勝負を挑むのだった!