氷菓

原作:米澤穂信

漫画:タスクオーナ

キャラクター原案:西屋太志(京都アニメーション)

ジャンル:学園 / ミステリー、サスペンス / コミカライズ

省エネ少年と好奇心少女が送る青春ミステリ

省エネを自分のスタイルとする奉太郎だが、姉の命令で「古典部」に入部することになってしまう。部室を訪れた奉太郎は、そこで好奇心旺盛な少女「千反田える」と出会い「部室密室事件」に遭遇してしまうのだったが…。

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

発売中コミックス

氷菓(11)

中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。

  • 氷菓(10)

    氷菓(10)

    ついに怪盗「十文字」と思われる人物にたどり着き、呼び出した奉太郎。自分の推測をもとに怪盗「十文字」を追いつめる! そして古典部メンバーが経験したほろ苦い学園祭の幕が下りる。「クドリャフカ」編ついに完結!

  • 氷菓(9)

    氷菓(9)

    カンヤ祭に突如現れた「怪盗十文字」!探偵志望の生徒の監視をあざ笑うかのように犯行を続ける十文字。えるは放送部のインタビューを受け、十文字に古典部の「校了原稿」を賭け勝負を挑むのだった!

  • 氷菓(8)

    氷菓(8)

    奉太郎の機転で、無事「ワイルドファイア」を切り抜けた「チーム古典部」。大会後、「お玉」が無くクレームを入れる摩耶花だが、その場にいたえるが「十文字」からの犯行声明文を見つけこの事件に興味を持つのだが!

  • 氷菓(7)

    氷菓(7)

    いよいよ学園祭が始まり、印刷所のミスで200部も刷られてしまった部誌「氷菓」を売り切るため、古典部のえる、奉太郎、摩耶花、里志はそれぞれの立場で悪戦苦闘するのだが!?

  • 氷菓(6)

    氷菓(6)

    プールで起きた事件とは!? さらに「クドリャフカの順番」編も開幕!!奉太郎は強引な姉に流され、プールの監視員のバイトをすることに。そこで女子中学生グループから「イヤリングを探してほしい」と依頼されるのだが!?

  • 氷菓(5)

    氷菓(5)

    先輩達の話を聞き終えた奉太郎達だが、参考になる話はなかった。自分のモットーである省エネ主義を貫こうとした奉太郎だが、入須直々に「才能がある人がやるべきだ」と説得され、独自のトリックを考えるのだが!?