小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
漫画:さびしうろあき
原作:富野由悠季・矢立肇
デザイン協力:美樹本晴彦/森木靖泰/Pablo Uchida

発売日:2021年4月26日
定価:800円(+税)

閣僚会議を襲撃するため、「マフティー」はウルルを発ち、アデレートへと向かうーー。Ξ(クスィー)ガンダムとペーネロペーの激闘、双方の被害は甚大となり、物語はガンダム史上もっとも悲劇的な終わりを迎える。

コミックス情報

  • 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)

    機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)

    シャアの反乱から12年、地球連邦政府は更なる腐敗を極めていた――。かつて想い人を手にかけてしまったハサウェイは、秘密結社マフティーのリーダーとして地球連邦政府に対する"粛清"を始めるのだった。

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

    閣僚会議を襲撃するため、「マフティー」はウルルを発ち、アデレートへと向かうーー。Ξ(クスィー)ガンダムとペーネロペーの激闘、双方の被害は甚大となり、物語はガンダム史上もっとも悲劇的な終わりを迎える。

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版

    クスィーガンダムでレーンのペーネロペーを退けたハサウェイ。舞台をオーストラリア大陸に移し、マフティーは連邦のキルケ―ユニットとの戦いに挑む。劇場公開を控えた「閃光のハサウェイ」中巻が登場!

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版

    「シャアの反乱」より12年が経った、宇宙世紀0105年。ブライト・ノアの長男であるハサウェイ・ノアは、「マフティー・ナビーユ・エリン」として反連邦運動に身を投じていたが…。B6サイズの新装版で発売!