機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ

漫画:さびしうろあき

原作:富野由悠季・矢立肇

デザイン協力:美樹本晴彦/森木靖泰/Pablo Uchida

ジャンル:バトル、アクション / ロボット、SF、ミリタリー / コミカライズ

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク

ハサウェイ・ノアは今、世界を敵に回す――。

宇宙世紀105年、秘密結社マフティーは腐敗した地球連邦政府に対して、粛清を宣言する。 次々と政府高官を粛清していくマフティー、そのリーダーであるマフティー・ナビーユ・エリンは、 かつてシャアの反乱で想い人クェスをその手に掛けた、ブライト・ノアの息子、ハサウェイ・ノアなのであった――。 富野由悠季著「ベルトーチカ・チルドレン」の続編として執筆された「閃光のハサウェイ」を漫画版ベルトーチカに続いてさびしうろあきがコミカライズ。

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

コミックス情報

機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(1)

シャアの反乱から12年、地球連邦政府は更なる腐敗を極めていた――。かつて想い人を手にかけてしまったハサウェイは、秘密結社マフティーのリーダーとして地球連邦政府に対する"粛清"を始めるのだった。

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(下) 新装版

    閣僚会議を襲撃するため、「マフティー」はウルルを発ち、アデレートへと向かうーー。Ξ(クスィー)ガンダムとペーネロペーの激闘、双方の被害は甚大となり、物語はガンダム史上もっとも悲劇的な終わりを迎える。

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(中) 新装版

    クスィーガンダムでレーンのペーネロペーを退けたハサウェイ。舞台をオーストラリア大陸に移し、マフティーは連邦のキルケ―ユニットとの戦いに挑む。劇場公開を控えた「閃光のハサウェイ」中巻が登場!

  • 小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版

    小説 機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ(上) 新装版

    「シャアの反乱」より12年が経った、宇宙世紀0105年。ブライト・ノアの長男であるハサウェイ・ノアは、「マフティー・ナビーユ・エリン」として反連邦運動に身を投じていたが…。B6サイズの新装版で発売!

関連作品

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン

ガンダムエース

漫画:さびしうろあき
漫画:柳瀬敬之
モビルスーツデザイン:出渕裕