招かれざる神女

招かれざる神女

次回更新予定日:2024年3月7日

原作:雨咲はな

漫画:有馬ツカサ

キャラクター原案:憂

ジャンル:小説家になろう原作 / ファンタジー / コミカライズ

――清き水晶は、君を神女の一人として示した。

心優しき女神リリアナを戴き栄えた国家、神国アリアランテ。女神の祝福を受けるとされるこの国はその実、一部の特権階級「神民」が恩恵を受ける一方で、国民の大多数を占める「棄民」は貧しい暮らしを余儀なくされていた。そんな棄民の一人として生まれ、鬱屈した日常を送る少女・ククル。彼女の人生は、神都からやってきたという二人の神民、キリクとカイトに出会った事によって一変する。百年に一度、女神の力を受け取り神国に繁栄をもたらすとされる「神女」に、ククルが選ばれたというのだ――。少女は陰謀渦巻く神都へと旅立ち、やがて国家の根幹を揺るがす大いなる騒乱に巻き込まれていく。累計PV150万突破のWEB発大本命西洋ファンタジー、待望のコミカライズ!

招かれざる神女を読む

コミックス情報

招かれざる神女(2)

女神の力を授かる神女候補として選ばれた少女・クー。他の4人の候補とのお茶会に参加するが、棄民のクーは神民である4人から居ないものとして扱われる。しかし、クーは悪意に対して真っ向から立ち向かい…!?

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • 招かれざる神女(1)

    招かれざる神女(1)

    百年に一度、女神の力を受け取る四名の神女候補が集められる神国アリアランテ。しかし、異例の“五人目”の候補が選ばれた。貧しい棄民の少女・ククルは、国家の根幹を揺るがす大いなる騒乱に巻き込まれていく…。