発売中コミックス

喰霊(12)

ついに“滅亡プラン”が発動! “奈落”へ向かう剣輔たちを待ち受ける結末とは…!? 人類の運命をかけた“白き巫女”と“黒き巫女”のバトルに終止符が打たれる。壮大なスケールで描く、喰霊シリーズ完結巻。

  • 東京ESP×喰霊 -シャドウ・ウォーカー-

    東京ESP×喰霊 -シャドウ・ウォーカー-

    「光る魚」を追うリンカと、除霊をしていた神楽が出会い…!? 『東京ESP』と『喰霊』のコラボコミックが著者の瀬川はじめ自らの手で実現! 妖魔VS退魔師VS超能力者!?のカオティックバトル開幕!!

  • 喰霊0+

    喰霊0+

    終わりは始まりの合図。単行本未収録の雑誌集中連載時の「喰霊」、「衝立てタヌキ」の過去エピソードなど、「喰霊」を愛する全ての人々に捧げる一冊!!

  • 喰霊 ~追儺の章~

    喰霊 ~追儺の章~

    恋した相手を不幸にしてしまう体質の女子高生・滝口ツイナは、京都に転校してすぐに生徒会長の帝先輩に一目惚れ。だが、先輩の裏の顔は超自然災害対策室の退魔師だった…! 本編コミックとリンクする「喰霊」外伝登場。

  • 喰霊(11)

    喰霊(11)

    “土地神”を名乗る男の出現により、全ての記憶を取り戻した神楽。さらに、黄泉の復活は、自らの願望の具現化であったことを知る。そして人類の危機、“滅亡プラン”とは──!?

  • 喰霊(10)

    喰霊(10)

    黄泉との記憶を取り戻した神楽だが、未だ剣輔との過去は思い出せない。そんな中、黄泉の意識が媒体となる少女・泉の身体を介し完全復活し、神楽VS対策室という最悪の事態に!?

  • 喰霊(9)

    喰霊(9)

    記憶を亡くした神楽の前に現れたのは、彼女と深い因縁を持つ黄泉と瓜二つの少女・泉だった…。そして東京の真ん中に出現した「奈落」から、さまざまな怨霊が出現する!?

  • 喰霊(8)

    喰霊(8)

    呪禁道との戦いを終え、復活した「九尾」も再び封印することができた神楽たち。だが、その代償として、超自然災害対策室は解散させられ、神楽もかつての記憶を失ってしまった。再び、平穏な学園生活を始めた剣輔は…。

  • 喰霊(7)

    喰霊(7)

    孤島での最終決戦。異空間「玉藻’Sガーデン」で神楽VS刹那の戦いがついに決着!だが、すべての殺生石が揃い、創造と破壊の神「九尾」が千年振りに復活してしまう。剣輔たちは世界を守ることができるのか…!?

  • 喰霊(6)

    喰霊(6)

    呪禁道の刹那の襲撃で対策室本部は壊滅。残された神楽や剣輔は反撃の時を待ち、都内の対策室のセイフハウスに一時身を寄せることに。そんな折、残された最後の殺生石の在り処が判明し…。

  • 喰霊(5)

    喰霊(5)

    呪禁道の当主を殺して新たな当主の座についたのは、静流の姉・刹那だった。刹那は殺生石を集めるため、対策室への襲撃をはかる。対策室の神楽と剣輔は圧倒的な刹那の力の前にどう立ち向かうのか!?

  • 喰霊(4)

    喰霊(4)

    神楽と剣輔の前に現れた転校生・忌野静流。彼女は闇の組織“呪禁道”の次期当主だった。《九尾の狐》の霊力を得るため《殺生石》を集める静流は、神楽に宣戦布告。体内に殺生石を持つ剣輔を賭けて乙女のバトルが勃発!?

  • 喰霊(3)

    喰霊(3)

    黄泉に霊力の結晶「殺生石」を体内に埋め込まれてしまった剣輔。神楽は剣輔の身を案じつつも、捨て身で黄泉との対決に臨む。そして、死闘に終止符が打たれた時、謎の少年が現れて…。絶好調、放課後退魔アクション!

  • 喰霊(2)

    喰霊(2)

    都内地下に眠る“不滅なる者”の復活を目論む黄泉と、それを阻止せんとする超自然災害対策室との戦いがいよいよ本格化。神楽のサポートとして戦いに臨む剣輔は、己の力不足に焦りを募らせるのだが…。

  • 喰霊(1)

    喰霊(1)

    霊が見える体質の弐村剣輔は、なりゆきで霊獣「白叡」を操る少女・神楽の心霊退治の手助けをすることに。実は彼女は政府の極秘機関・環境省「超自然災害対策室」のメンバーで、剣輔を対策室に勧誘してくるのだが…。