東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(7)

東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(7)

原作:ZUN
漫画:水炊き

発売日:2024年7月25日
定価:968円(10%税込)

魔理沙が作る蜂蜜酒・ミードの味わいは…? 谷底から聞こえる「ヤロカ水」の声って…? 家々の門や戸に記された謎の印は…? 賭場のイカサマ騒ぎにあの仙人が…? 酒場にはいつも奇妙な噂が集まるもので――。

購入する

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

コミックス第1巻 第1話が無料!

カドコミ

※ここから先はカドコミへ遷移します

コミックス情報

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(7)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(7)

    魔理沙が作る蜂蜜酒・ミードの味わいは…? 谷底から聞こえる「ヤロカ水」の声って…? 家々の門や戸に記された謎の印は…? 賭場のイカサマ騒ぎにあの仙人が…? 酒場にはいつも奇妙な噂が集まるもので――。

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(6)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(6)

    幻想郷に突然降り始めた赤い雪の正体とは…! ほかにも萃香の伊吹瓢の酒が枯渇したり、鼠に神事で対抗(?)したり、連続するボヤ騒ぎには天狗たちへの疑いが向けられたり…、幻想郷では今日も騒動が止まず――!?

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(5)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(5)

    どこからか萃香が手に入れてきた花札が“いわくつき”だったり、謎の漁師が売る沢蟹が不思議な出来事を呼んだり、今日も鯢呑亭は騒がしく――。そんな中、美宵が失踪し鯢呑亭は閉店状態に。手掛かりは「旧地獄」…?

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(4)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(4)

    新聞記者の文が持ってきた「座敷童連続誘拐監禁事件」のスクープ。美宵の仲間である座敷童の姿が幻想郷から消えていっている――!? そこには幻想郷の裏で暗躍するあの存在の影が…!?

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(3)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(3)

    鯢呑亭に夜な夜な幽霊が出る? 未練か…恨みか…、その“正体”に気づいたのは新聞記者の文だった――! そしてある日、美宵が突如として昏睡状態に陥ってしまう…いったい何が起きたのか…!?

  • 東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(2)

    東方酔蝶華 ロータスイーター達の酔醒(2)

    人々が寝静まった深夜、人間の里にある鯢呑亭は妖怪専用「蚕喰鯢呑亭」として秘密の営業をすることに。しかし早くも幻想郷の新聞記者・文が鯢呑亭の真実に迫ってきて――!?