文豪ストレイドッグス(14)

文豪ストレイドッグス(14)

原作:朝霧カフカ
漫画:春河35

発売日:2017年12月4日
定価:580円(+税)

犯罪の証拠を消滅させる異能力「完全犯罪」を操る虫太郎に、乱歩はかつてない苦戦を強いられる。推理小説家殺人事件、太宰の逮捕、謎の組織≪天人五衰≫の暗躍…そして、事態は思いもよらぬ展開を見せていく――!?

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

発売中コミックス

  • 文豪ストレイドッグス(14)

    文豪ストレイドッグス(14)

    犯罪の証拠を消滅させる異能力「完全犯罪」を操る虫太郎に、乱歩はかつてない苦戦を強いられる。推理小説家殺人事件、太宰の逮捕、謎の組織≪天人五衰≫の暗躍…そして、事態は思いもよらぬ展開を見せていく――!?

  • 文豪ストレイドッグス(13)

    文豪ストレイドッグス(13)

    花袋と共に現れた夏目先生がもたらした情報により、ドストエフスキーは旧坑道をアジトとしていることが判明。太宰の指示のもと、敦と芥川が協力して潜入作戦を実行することになるが…!? 共喰い抗争、ついに決着!?

  • 文豪ストレイドッグス(12)

    文豪ストレイドッグス(12)

    福沢社長と森鴎外に仕込まれた「共喰い」のウイルス型異能。全面抗争へと突入する探偵社とは別行動で、事態収拾の手がかりを探す敦と国木田。芥川vs鏡花、中也vs乱歩――激化する抗争の行方は如何に!?

  • 文豪ストレイドッグス(11)

    文豪ストレイドッグス(11)

    鏡花の元に届いた匿名の依頼。敦と一緒に調査を進める彼女だが、なぜかモンゴメリが邪魔しに来て…!? 死亡したと思われたあの男の再起、そしてついに牙をむくドストエフスキーの謀略――予測不能の11巻!

  • 文豪ストレイドッグス(10)

    文豪ストレイドッグス(10)

    ギルド戦が終結し、マフィアとも休戦中の探偵社。しかし、敦と国木田は因縁深き人物の関わる事件に巻き込まれる。さらに、元探偵社員の力を借り、白鯨墜落時にハッキングを仕掛けきた謎の組織を調査するのだが…!?

  • 文豪ストレイドッグス(9)

    文豪ストレイドッグス(9)

    横浜の街に白鯨が落ちるタイムリミットが迫る中、敦は仇敵・芥川と船内で遭遇!フィッツジェラルドとの三つ巴の戦闘に突入する。強大なフィッツの異能を前に、白鯨落としを阻止したい敦と芥川が取った行動とは…!?