であいもん

であいもん

浅野りん

ジャンル:グルメ、料理 / 職業、業界 / 日常系

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク

和菓子が繋ぐ、父娘の絆――。 実力派作家が描くハートウォーミングストーリー!

父入院の報を受け、10年ぶりに和菓子屋を営む京都の実家へと帰った納野和。 父の代わりに店を継ぐと意気込む和だったが、任されたのは店ではなく、跡継ぎと呼ばれる少女・雪平一果の父親代わりで…!?

ComicWalkerで読む

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

コミックス情報

であいもん(10)

情報誌のコラムを見て一果に会いに来たという男――それは巴の父親であった。父が一果の前に現れたことに焦る巴もまた、緑松へと赴き…。「いらん子」になってしまったあの日、その真相が遂に明かされる――。

  • であいもん(9)

    であいもん(9)

    秋が深まってきた頃、父から茶会用の創作菓子を任された和。突然の、そして初めての大役に戸惑うが、和なりの答えを見つけるのであった。僅かだが確かな成長を見せた和の元に、音信不通の先輩・巴の母が現れ…?

  • であいもん(8)

    であいもん(8)

    名古屋へ修学旅行に来ていた一果を偶然見かけた父・巴。検査入院中、幼い頃の和との日々を思い出す父・平伍。心身ともに成長した子供たちの姿を見て、父親たちは何を思うのか──。

  • であいもん(7)

    であいもん(7)

    「幼き日の友との思い出」「バンド解散の真実」「店の発展を思っての諍い」「夢のためにもがき苦しむ日々」。人々が紡ぐ物語の傍らには、いつも和菓子が寄り添っている――。

  • であいもん(6)

    であいもん(6)

    和が緑松に戻ってきて早一年。和の帰郷は、一果や両親、祖母、そして佳乃子――様々な人の心境に変化を与えていた。京都市営地下鉄PRプロジェクト「地下鉄に乗るっ」とのコラボ描き下ろし漫画も収録の第6巻!

  • であいもん(5)

    であいもん(5)

    自分を置いていなくなった先輩を思い出し感傷に浸る和、一果の誕生日に浮かれる和、悩める少女たちの背中をそっと押してあげる和。様々な一面を見せる“和”の心が詰まったハートフルストーリー。

  • であいもん(4)

    であいもん(4)

    お正月の定番「花びら餅」や、体をポカポカ温めてくれる「善哉」など冬の御菓子が満載。寒い季節にオススメの心温まる珠玉のハートフルストーリーを和菓子と共にお楽しみ下さい。