ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行

原作:大塚英志
作画:樹生ナト

大塚×樹生コンビが描く、少年と妖怪の新たなる冒険──!

限界集落でおばあちゃんと暮らしていた柳田柳太。大好きなおばあちゃんから想像する事の面白さを教わり、自分だけの妖怪「ぬえちゃん」を生み出したのだったが……。

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

発売中コミックス

ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(3)

妖怪の事業化を企むIT企業の計略に乗り、妖怪たちがどんどん消されてゆく! その矛先はねこじゃら小学校の妖怪たちにも向けられた。世界の存続のかかった最終バトル開始!

  • ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(2)

    ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(2)

    友達のいない高田さんのところにやってきた逆上がりちゃんは、さしている傘の影の下に一人ぼっちの生徒たちをどんどん吸い寄せる! 闇に巣食う妖怪の正体を、柳太は暴けるのか!?

  • ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(1)

    ぼくとぬえちゃんの百一鬼夜行(1)

    限界集落でただひとりの子供だった柳太と、柳太が考えた新型妖怪”ぬえちゃん”が巻き起こす、奇妙な妖怪ファンタジー!算数が大っ嫌いな同級生が呼び寄せた、妖怪”しましま”の正体は!?