コミックス情報

機動戦士ガンダム ピューリッツァー ―アムロ・レイは極光の彼方に―(1)

0093、アムロ・レイはその姿を消した…。2年が経ち、撃墜王として称えられるアムロ。しかし、キッカ・コバヤシは世間のアムロへのイメージに違和感を感じ、自身の見てきたアムロの足跡を追うことを決意する。