領怪神犯(3)

領怪神犯(3)

漫画:足鷹高也
原作:木古おうみ

発売日:2024年8月9日
定価:748円(10%税込)

領怪神犯特別調査課の片岸は、行方不明の妻の故郷を訪れる。麓の村人と断絶された「一原」から「十原」までの苗字がある村で、代々信仰されてきた守り神<こどくな神>の実態に迫る…!

購入する

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

コミックス情報

  • 領怪神犯(3)

    領怪神犯(3)

    領怪神犯特別調査課の片岸は、行方不明の妻の故郷を訪れる。麓の村人と断絶された「一原」から「十原」までの苗字がある村で、代々信仰されてきた守り神<こどくな神>の実態に迫る…!

  • 領怪神犯(2)

    領怪神犯(2)

    領怪神犯特別調査課の片岸が苦手とする人物・六原。上司でもあり義兄でもある六原と、とあるダムの調査に向かう。ダムの底に佇む黒い巨人と、声真似で人を誘き寄せる化け物との因果関係とは…?

  • 領怪神犯(1)

    領怪神犯(1)

    空から巨大な身体の一部が落ちてくる村。あるはずの内臓が死亡後にごっそり消える現象。不老不死の夢を見続ける人々。それら、人智を超えた事象に対応する領怪神犯特別調査課に所属する片岸が追い求める真実とは?