村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない

村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない

次回更新予定日:2020年12月15日

原作:昼熊

漫画:森田和彦

キャラクター原案:海鼠

ジャンル:小説家になろう原作 / コミカライズ / ファンタジー

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク

現実とゲームが交錯する、新感覚リアル×ファンタジー!

「変わりたい。そのきっかけが欲しかった俺に、まさしくそれは「命運」だった」――30代無職独身引きこもり。そんな良夫はある日、『命運の村』というPCゲームのテストプレイヤーに選ばれる。NPCである村人達には最新型AIが組み込まれ、良夫はそのゲームで『運命の神』として村人達を導くことになる。だが、そのゲームはただの村づくりゲームではなく…?

コミックス情報

村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない(2)

過去のある事件がきっかけで、妹との仲が冷え切っていた良夫。そんな時、村づくりゲームのNPC・ガムズとその妹・チェムの過去を見ることになり…。新感覚リアル×ファンタジー第2巻!

  • 村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない(1)

    村づくりゲームのNPCが生身の人間としか思えない(1)

    ある日、ニートの良夫のもとへ村づくりゲームが届く。高性能AIによって生身の人間のように振る舞う村人NPC達や現実と見紛うほどのCGに、次第にハマっていく良夫。だが、そのゲームはただのゲームではなく…。