異世界落語

最終話-1

←このお話はこちらに収録されています。

異世界落語(4)

極楽亭のバイト・アヤメの正体は魔族だった! 魔界へと連れ去られた一福は、魔界の王の前で落語を演じるように命令される。選んだ演目は「死神」――一福は死神を掻い潜り、魔族の国で生き延びることができるか!?