蜘蛛ですが、なにか?(7)

蜘蛛ですが、なにか?(7)

原作:馬場翁
漫画:かかし朝浩
キャラクター原案:輝竜司

発売日:2019年7月10日
定価:682円(10%税込)

地龍アラバに挑むことにした蜘蛛子は下準備のため巣を離れていた。ある程度準備を整え巣に戻るとそこには人間の集団がおり、マイホームが焼かれてしまっていた。しかも人間は蜘蛛子を敵とみなし攻撃してくるのだった!

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

コミックス情報

  • 蜘蛛ですが、なにか?(13)

    蜘蛛ですが、なにか?(13)

    「私」と魔王達一行は、旅の途中で偶然にも古代遺跡を発見する。そこで遺跡の底に眠っていたはずの最悪最強の無人殺戮兵器を運悪く起動させてしまう。星すら砕く殺戮兵器を前に最大勢力同士の会議が始まるのだった!

  • 蜘蛛ですが、なにか?(12)

    蜘蛛ですが、なにか?(12)

    アラクネに無事進化した「私」は魔王とまさかの和解をし事なきを得た。しかし魔王の他に何故か吸血姫とその従僕とともに旅に出ることに。けれど人外パーティの珍道中は前途多難で……。

  • 蜘蛛ですが、なにか?(11)

    蜘蛛ですが、なにか?(11)

    人族の戦い巻き込まれた蜘蛛子の隙を突き、魔王が奇襲してくる! 圧倒的な実力差に為す術もなく追い込まれる蜘蛛子だったが、そこに人族の勇者が参戦!? 三すくみの装いも見せたこの戦いを脱出できるのか!?

  • 蜘蛛ですが、なにか?(10)

    蜘蛛ですが、なにか?(10)

    マザーの罠に嵌り、窮地に追い込まれた蜘蛛子。身体を失い絶体絶命のその時、ついに並列意思達が帰ってきた! 並列意思達と融合し、本気モードの蜘蛛子は念願(?)のマザー越えを成せるのか!?