東京レイヴンズ

原作:あざの耕平
漫画:鈴見敦
キャラクター原案:すみ兵

おれを式神にしてくれ…珠玉の学園陰陽ファンタジー!!

名家の分家でありながら落ちこぼれ陰陽師候補生・土御門春虎は、北斗や冬児らと過ごす平穏な日々を大切にしていた。しかし、幼馴染み・土御門夏目が帰郷したことで運命が動き出し…!? 大ヒット学園陰×陽ファンタジー!!

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

発売中コミックス

東京レイヴンズ(15)

夏目を取り戻すため、自らの手で『泰山府君祭』を行うことを決意した春虎。一方その頃、冬児たちは陰陽庁に囚われた春虎の奪還作戦を実行に移すのだが…!? 大ヒット学園陰陽ファンタジー、ここに完結!!

  • 東京レイヴンズ(14)

    東京レイヴンズ(14)

    花火大会の夜、ついに北斗の正体に気付く春虎。だがそこに現れた多軌子により、春虎は『鴉羽』に憑かれ暴走を始めてしまう。春虎を助けるため奮闘する夏目達。その先には、あまりにも残酷な悲劇が待ち構えていた…。

  • 東京レイヴンズ(13)

    東京レイヴンズ(13)

    夏目が女性であることが露呈し、壊れてしまった京子との関係の修復に奔走する春虎たち。しかしそんな時に、土御門の本家が全焼という知らせが…! そして再び現れた謎の少女・多軌子がその裏事情を話しはじめ!?

  • 東京レイヴンズ(12)

    東京レイヴンズ(12)

    「双角会」の掃討作戦にあたり、夏目の護衛についたのは、危険と噂される鏡の式神・シェイバだった。そして彼によって引き起こされてしまう大事件の中、夏目を守りたいと強く願う春虎に“目覚め ”の時が訪れ…!?

  • 東京レイヴンズ(11)

    東京レイヴンズ(11)

    大友と道満の呪術戦で遥かな高みを見た春虎は、自身の力量にもどかしさのようなものを抱えていた。そんな折、彼の前に、陰陽道の秘密を次々と話す謎の少女が現れる。それは宿命とも言える邂逅――。

  • 東京レイヴンズ(10)

    東京レイヴンズ(10)

    陰陽塾を襲撃した“伝説”の陰陽師・蘆屋道満に追いつめられる春虎たち。間一髪で助けに現れたのは、陰陽師の正装である白い束帯に身を包んだ担任の大友だった。そして繰り広げられるのは常識を超えた異次元の戦い!

  • 東京レイヴンズ(9)

    東京レイヴンズ(9)

    突然の宣戦布告。――土御門夜光と並び『伝説』と謳われる陰陽師・蘆屋道満が、“あるもの”を探しに陰陽塾を襲撃! 陰陽庁からの加勢はなく、迎え撃つのは春虎たち学生のみって…!?