けものみち(2)

けものみち(2)

  • Twitter
  • Facebook
  • LINE
  • はてなブックマーク
原作:暁なつめ
漫画:まったくモー助・夢唄

発売日:2017年10月26日
定価:638円(10%税込)

花子が犯人ではないと考えた源蔵はドラゴンのにおいのするという真犯人を探すため、プロレスラー・ケモナーマスクの正装で現場に向かったのだが、自らが不審者として追われるハメになってしまい…。

※ここから先はBOOK☆WALKERへ遷移します

ComicWalkerで読む

※ここから先はComicWalkerへ遷移します

コミックス情報

  • けものみち(10)

    けものみち(10)

    花子の実家で魔族の4大公爵家・ファフニール家に向かったけものみち一行。そこで源蔵は、花子を実家の束縛から解放するため、そして自らの欲望のために”ファフニールの試練”を受けることになったのだが――!?

  • けものみち(9)

    けものみち(9)

    花子が魔族の4大公爵家の一つ、武で鳴らすファフニール家の令嬢であり、本物のドラゴンであるということを知った源蔵は、レスラーとして花子にガチンコバトルを申し込むのだが――!?

  • けものみち(8)

    けものみち(8)

    魔王への謁見に魔王配下4大公爵全家の許可が必要なことを知った源蔵は、ヒュドラー家の令嬢・アマンダにその力を認めてもらうため、伝説の魔獣・クビナガリザードクラーケンギドラに挑むことにしたのだが――!?

  • けものみち(7)

    けものみち(7)

    サキュバスの里のピンチを救った源蔵たちはクラスタの街に帰り、いつもの日常に戻った――はずが、なぜかサキュバスのルーミアも一緒にクラスタの街に移住し、源蔵に積極的なアプローチを開始してきて・・・!?

  • けものみち(6)

    けものみち(6)

    サキュバスのルーミアたっての願いで、サキュバスの里がある魔族領に向かうことになった源蔵たち。移動のためワイバーンに乗ることになり、はしゃぐ源蔵とカーミラ。しかし、シグレと花子はなぜか乗り気ではなく…。

  • けものみち(5)

    けものみち(5)

    10歳になったら一人でハンターを狩る、というフェンリル族の試練「一匹狼」を実行できずに「けものみち」で働いていたフブキを、兄が連れ戻しに来た!? 源蔵はフブキを守るために兄に戦いを挑むのだが──!?