13回目の足跡

13回目の足跡

三部けい

ジャンル:ミステリー、サスペンス

『僕街』の三部けい、新サスペンス開幕!

ハガキが導く“めぐり合わせた運命”にひとりの父親が立ち向かう! 2018年の千葉県のとある街で小学校の教員として働く戸河桃弥。家族を大事にする“平凡”な良きお父さん。長男・逢生の退院を新居で妻・小春とお祝いするなど小さくも温かな幸せを噛みしめていた。 だがそんなある日、1通のハガキが彼の元に届けられる。そのハガキが“平凡”だった彼の日常を不穏当なものへと変貌させていくのだった……。 消えゆくものは 消えゆくまま、なのか…? 『僕だけがいない街』の著者が描く“めぐり合わせた運命”に立ち向かう物語、開幕!!

コミックス情報

13回目の足跡(2)

戸河家に届いていた不穏な絵ハガキについて思い出した桃弥。それは少年時代に一瞬を共にした友達にプレゼントした記憶。送り主は彼だったのか? 「僕だけがいない街」の三部けいが贈るヒューマン・サスペンス第2巻!

購入する

  • 13回目の足跡(1)

    13回目の足跡(1)

    小学校の先生・戸河桃弥は長男の退院を妻とお祝いするなど家族と過ごす小さな幸せを大事にしていた。 だが1通の絵ハガキが彼の元に届いた時、“平凡”だった彼の日常が不穏なものへと変貌していく…!