家が燃えて人生どうでも良くなったから、残ったなけなしの金でダークエルフの奴隷を買った。

第13話-2

エキドナの正体②

←このお話はこちらに収録されています。

家が燃えて人生どうでも良くなったから、残ったなけなしの金でダークエルフの奴隷を買った。(3)

アティとの関係で悩んでいたハロルドは、同船していた老人に話しかけられる。 孫のセシルを助けた礼として悩みを解消してやるというものだった。 老人のただならぬ気配を感じ、何故か立ち合うことになるのだが!?

この作品を応援しよう

このアイコンをタップして応援すると、応援ランキングの順位に反映されます。応援の数は漫画家の励みになります。